odoroki-momonoki

ODOROKI-MOMONOKI

驚き桃の木山椒の木 びっくりするような記事を書いてゆきます 芸能、タレント、テレビドラマ、日々の生活の中で知っておけば良かった・・・・・等ニュースを初め最新情報でお伝えします。

    カテゴリ:

    • カテゴリ:

    【え、ナニ?】ヤリス って・・・・・・・・・・・・・来年発売=トヨタの「ヴィッツ」


    NO.7879121 2019/10/16 17:52
    「ヤリス」に改称、来年発売=トヨタの「ヴィッツ」
    「ヤリス」に改称、来年発売=トヨタの「ヴィッツ」
    トヨタ自動車は16日、主力小型車「ヴィッツ」を来年2月に全面改良し、車名を海外で使用している「ヤリス」に改めると発表した。

    1999年に初めて発売されたヴィッツは、小回りや燃費の良さから人気を集めてきたが、誕生から20年余りで車名が消えることになる。

    吉田守孝副社長執行役員は「車を取り巻く環境が大きく変わり、新たなスタートを切るという思いを込めた」と説明した。

    ヴィッツの国内販売台数はピーク時の2000年は約16万台だったが、18年は約8万7000台に落ち込んでいた。

    車名変更でイメージを刷新し、中高年中心の購買層を広げる狙いがあるとみられる。

     新型車は衝突回避機能など安全装備を充実させるほか、ハイブリッド車(HV)では燃費(現行モデルは1リットル当たり34.4キロ)を2割程度改善させる。

    エンジンはガソリンとハイブリッドの2種類で、排気量は1000〜1500cc。

    約9年ぶりの全面改良で、価格は12月に発表する。



    【日時】2019年10月16日 16:30
    【ソース】時事通信
    【関連掲示板】


    【【え、ナニ?】ヤリス って・・・・・・・・・・・・・来年発売=トヨタの「ヴィッツ」】の続きを読む

    • カテゴリ:

    (出典 matome.response.jp)



    【ハイブリッド時代のターボチャージャー車】の続きを読む

    • カテゴリ:

    『トヨタクラウン』


    【素朴なギモン】なぜ日本のパトカーにはトヨタ・クラウンが多いのか? - WEB CARTOP
    日夜、我々の安全を守ってくれている警察官。その警察官が乗車する警察車両のなかでも我々になじみの深い車両といえば、やはり白黒カラーのパトカーだろう。
    (出典:WEB CARTOP)



    【『トヨタクラウン』なぜ 白黒に】の続きを読む

    • カテゴリ:

    『スカイライン 自動運転車』


    日産スカイライン購入ガイド「自動運転時代到来!?プロパイロット2.0搭載」 - Corism
    日産は高級セダンであるスカイラインをマイナーチェンジした。運転支援機能である「プロパイロット2.0」を搭載、3D高精度マップやGPS、360°センシングなどにより、高速道路 ...
    (出典:Corism)
      

     日産自動車が2019年7月に発売した新型「スカイライン」は、「プロパイロット2.0」と呼ぶ運転支援機能を搭載しているのが特徴だ。なかでも、高速道路上の同一車線内での手放し運転を可能とする機能「ハンズオフ」と、車線変更の操舵(そうだ)をシステムが支援して先行車の追い越しなどが行える「車線変更支援機能」については多くの注目が集まっている。

     このプロパイロット2.0を搭載したスカイラインを試乗しながら、日産自動車の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏に話を聞いた(図1)。前編、後編の2回にわたって、プロパイロット2.0の実力に迫る。

     試乗したのは、スカイラインのハイブリッド車(HEV)「GT Type SP(HYBRID)」だ(図2)。スカイラインにはガソリンエンジンのモデルもあるが、プロパイロット2.0はHEVモデルにのみ搭載している。走行したのは、中央自動車道の河口湖インターチェンジから上野原インターチェンジまでの往復80kmの区間だ。

    図1 スカイラインの運転支援機能で手放し運転
    日産自動車の新型「スカイライン」に搭載した運転支援機能「プロパイロット2.0」は、高速道路上での同一車線内で手放し運転が可能になる。(撮影:日経 xTECH)
    [画像のクリックで拡大表示]
    図2 スカイラインのハイブリッド車にプロパイロット2.0を搭載
    日産自動車が2019年7月に発売した新型セダン「スカイライン」。プロパイロット2.0はハイブリッド車(HEV)のモデルに搭載している。(撮影:日経 xTECH)
    [画像のクリックで拡大表示]

     当日は、あいにくの雨模様だった。一部の区間で激しく降っているとの情報もあり、プロパイロット2.0の機能を全て体験できない心配があった。プロパイロット2.0では、フロントウインドー上部に設置した3眼カメラで車線の白線を認識している。激しい雨の場合はフロントウインドーに付着した雨滴などが影響して白線を正しく認識できない可能性があることから、事前に機能を制限する仕組みになっているからだ。


    (出典 www.davetanaka.net)



    【『スカイライン いいね 自動運転車』】の続きを読む

    • カテゴリ:

    『カローラ』昔は大衆車?でも今は

    【トヨタ カローラ 新型】モデリスタエアロ、テーマは「ハイコントラストストリームライナー」 【トヨタ カローラ 新型】モデリスタエアロ、テーマは「ハイコントラストストリームライナー」
    …トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、新型『カローラ』『カローラツーリング』の発売に伴い、モデリスタブランドのカスタマイズパーツをラインアップ…
    (出典:産業(レスポンス))



    【『カローラ』について・・・・・す・ば・ら・し・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ